読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sunface Didgeridoo

昨日、最初お話をいただいてからだと丸3か月もかかってしまった、ディジュと焼き絵のコラボ作品がついに完成。

f:id:amazukusi:20161128095514j:plain

今回のご依頼、初の試みとはいえ、ほんま時間がかかり過ぎやね、、

大きい(長い)作品っていうのはほんと全体のバランス取るのが難しかった。

下絵をキャラや装飾のパーツに切り分けて、ディジュに直接貼り付けてみて、全体のバランス見ながら位置を決めたり、、

f:id:amazukusi:20161128160830j:plain

チャコペーパーという洗って消せる線が転写出来る紙で、コピー用紙に描いた下絵をディジュに転写→その線をシャーペンでもう一度なぞって下書き→その線を電熱でペン焼く、という作業の流れ。チャコペーパーで転写した線は水色で見づらいので、シャーペンでもう一度なぞる必要あり。下の写真は焼き後。

f:id:amazukusi:20161128160759j:plain

あと、曲面に絵を描くと直線やキャラの表情が歪んだりするので、これも実際にシャーペンでディジュに下書きしながら歪みを調整したり、と試行錯誤の連続でありました。

以下の写真は完成品のディティール。

依頼者の古川さんは個人でSunface Didgeridooというブランドを立ち上げてはるので、太陽を中心にそのエネルギーに躍動するようなもの達で全体のデザインを構成。

f:id:amazukusi:20161128103339j:plain

コアラの天地が逆になっているのは、その下の太陽を中心にぐるっとした世界を描きたかったので。

f:id:amazukusi:20161128102427j:plain

装飾的な感じと力の源っていうのをイメージすると、結構こってりな太陽に。

f:id:amazukusi:20161128102537j:plain

オーストラリアに生息するオウム、コッカトゥ。

f:id:amazukusi:20161128110912j:plain

ブルローラーという民族楽器を振り回すアボリジニの少年。

f:id:amazukusi:20161128103230j:plain

打楽器を打つアボリジニのオッサン。

周りに延びている花は、オーストラリアの花、ワトル。

f:id:amazukusi:20161128103305j:plain

ディジュリドゥを吹くアボリジニのオッサン。

f:id:amazukusi:20161128103453j:plain

一番下は海の中のイメージでウミガメとか熱帯魚とか。

 

今回のご依頼はディジュ奏者兼製作者の古川英正さん。

腹魂ライブで初めてお会いして、会話の引き出しが豊富で、どこまで本気でどこまで冗談かが分からないような方。

そして飄々としていて、且つ繊細で丁寧な方。

良い人と知り合えました。

 

ディジュリドゥのライブ動画(古川英正)